エアコンクリーニング

price

※台数及び機種によってお値段が変わります。
別途お見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

エアコンクリーニング熱交換機(アルミフィン)洗浄例

ヤニ汚れで熱交換器の目詰まり匂いの発生!! 遊技場カラオケ店など

ヤニ汚れで熱交換器の目詰まり匂いの発生!! 遊技場カラオケ店など

 

油汚れで熱交換器は完全に目詰まりカビ悪臭の発生!! 飲食店など

油汚れで熱交換器は完全に目詰まりカビ悪臭の発生!! 飲食店など

 

熱交換器の汚れをほぼ完全に除去! アルミ本来の色に戻り熱効率アップ

熱交換器の汚れをほぼ完全に除去! アルミ本来の色に戻り熱効率アップ

 

エアコンの汚れ

エアコンは設置環境によって様々なホコリ・ヨゴレを吸込んでいます。エアコンの主な汚れは「ダニ、ダニのフン、ダニの死骸・花粉・カビ菌・タバコの煙・ハウスダスト・排ガス・ペットの毛・ホコリ」など。

また、飲食店では油や小麦粉などの粉、ブティックでは繊維のくず、理容・美容院はパーマ液や髪の毛のくずなどを吸込んでいます。

これらのヨゴレの素が悪臭の原因となります。
エアコン室内機はカビの温床です。エアコンに生息するカビは約5種類(レジオネラ、ペニシリウム、クラドスポリウム、アルタナリア、アスペルギルス)などです。

エアコンクリーニングの効果

汚れたエアコンは本来の運動能力がダウンします。エアコン内に汚れが蓄積していると・・・

  1. フィルター=目詰まりして風を通さない
  2. .熱交換器=目詰まりして風を通さず、温度を思うように変化できない
  3. ファン=空気を思うように吸い込めないから、吹き出す風も少量&風にバラつき(まばら)がでる
  4. 吹出し・ルーバー=風を思うように吹き出せない

 

結果、思うような冷風(暖房時は温風)・思うような風量が得られなくなります。
特にエアコンの熱交換機・ファンは完全分解しないと掃除できないため、フィルターで捕りきれなかったホコリやタバコのヤニ、
繁殖したカビ汚れなどが付着し隙間が詰まってきます。汚れがひどくなると、エアコンの効き目が格段に悪くなり、電気エネルギーをロスすることになります。

分解洗浄はそういったロスの要因を取り除いて、必要以上に設定温度や風量を調節することなく、
室内を快適な温度にすることが出できる=冷暖房効率をアップさせ、節電・エコ対策になるというわけです。

定期メンテナンスの効果

定期的なメンテナンスはランニングコストも低減させます。エアフィルターや熱交換器を掃除しないで運転を継続すると、消費電力も著しく増大します。

ある事例ではノーメンテナンスのまま運転し、約4年後に高圧上昇のために、性能が著しく低下しました。この場合は下記の図にあるように、
定期清掃をした場合に比べ約40%も電気を浪費したことになります。

20150828133330_photo_31

※上記の図は(社)日本冷凍空調工業会の資料から引用、数値は事例をもとに推測したものであり、実際の数値とは、若干異なります。
また、エアコンクリーニングを実施することで、必ずしも耐用年数の向上、上記の効果が現れるわけでは有りませんのでご注意ください。

 

エアコンクリーニング作業工程

STEP1 作業前にエアコン周囲をしっかり養生します

・エアコンの動作確認後、ブレカーを落とし電源OFF
・エアコン周囲の荷物の移動。
・エアコン周囲、下の養生

arrow_down

STEP2 洗浄前に完全分解します

 

arrow_down

STEP3 エアコンを養生後高圧ポンプにて汚れを落としていきます

arrow_down

STEP4 組み立て・エアコン動作確認

・外した部品を組み立てて電源を立ち上げ動作確認を行います。
・必要とあれば吸い込みや吹き出しの風量温度を計測します。